メディア

「都立高校」で受験対策が充実していると思うのはどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大学受験対策の勉強をするために、放課後に予備校や塾を利用する人もいるでしょう。しかし、毎日通う高校の受験対策が充実していれば、予備校や塾に行かなくてもよいかもしれません。

 そこで今回は「受験対策が充実していると思う都立高校は?」というアンケートを実施します。あなたが受験対策を充実させていると思う都立高校はどこでしょうか?

 まずは、数多くの都立高校の中から3校をピックアップして紹介します。

advertisement

日比谷高等学校

 2021年度は東京大学に63人が進学し、東大合格者数では全国公立学校で8年連続1位となった日比谷高等学校。例年国公立大学や難関私立大学に多くの生徒を輩出していることでも知られています。学習面の指導では、各教科でシラバスを作成し、教科や単元ごとの学習目標を生徒に伝えるほか、土曜日や夏休みを使った講習も充実しています。近年では現役合格者数を増やすことも目標に掲げています。2021年度は国公立大学の現役合格者が171人、難関私立大学の現役合格者が321人となりました。

advertisement

西高等学校

 西高等学校は東京都杉並区にある進学校で、東京都教育委員会から進学指導重点校などの認定を受けています。「授業で勝負」を合言葉に、質の高い授業を目指しています。教育課程は6教科7科目対応になっており、週3回は7時間授業を実施しています。同校では大学入学共通テストで8割得点できる基礎学習の習得を目標としています。土曜日特別講座、夏期講習だけでなく、卒業生チューター制度や20時まで利用できる自習室など、受験をバックアップする制度も充実しています。

advertisement

国立高等学校

 授業を大切にし、自ら高い学力を身に付けることを掲げる国立高等学校。授業だけでなく、部活動や学校行事などにも力を入れていて、体力と精神力をしっかりと身に付けて目標とする進路を目指す「文武両道」の方針をとっています。同校も東京都教育委員会から進学指導重点校の認定を受けているため、夏期講習をはじめとする補講や外部模試・校内模試を実施しています。

advertisement

受験対策が充実していると思う「都立高校」は?

 東京都の公立高校の中から3校を紹介しました。コメント欄では、選んだ理由もぜひ教えてください。たくさんの投票とコメントをお待ちしています!

受験対策が充実していると思う「都立高校」はどこ?
合計:6365票
実施期間:2022/05/21 00:00 〜 2022/05/28 00:00
投票は締め切りました

参考

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.