メディア

「新潟県の日本酒」人気ランキングTOP10! 1位は「あべ」と「荷札酒」【2022年6月27日時点/SAKE TIME調べ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本には全国各地にすばらしい日本酒があります。そんな日本酒との出会いを写真とテキストで記録して、自分だけの日本酒日記をつづることができるサービスが「SAKE TIME」。日々、多くの日本酒ファンが自分と日本酒の思い出を投稿し、その魅力を伝えています。

 今回はそんな「SAKE TIME」の協力のもと、「新潟県の日本酒」の人気ランキングを紹介します。ランキングは2022年6月27日時点のものです。

(出典:SAKE TIME「新潟の日本酒ランキング2022」

当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

advertisement

第1位:あべ(阿部酒造)

 第1位は同率で2つがランクイン。1つは「あべ(阿部酒造)」でした。「あべ」は、1804年から続く柏崎市の酒蔵「阿部酒造」が展開する日本酒ブランド。6代目製造責任者・阿部裕太さんによって2015年からスタートしたシリーズで、そこには“発酵を楽しむ”を大切にしながら、“圧倒的にうまい”日本酒を作るという阿部酒造の理念や技術が結集されています。「定番純米」は、米の味と酸のバランスが良く、飲み飽きない味わいが魅力。酸味が強くてキレ味が抜群、さわやかな味わいを楽しめる「夏酒」は、名前のとおり夏にぴったりのお酒です。

advertisement

第1位:荷札酒(加茂錦酒造)

 第1位のもう1つは「荷札酒(加茂錦酒造)」でした。1893年に創業した加茂錦酒造が展開する日本酒ブランドです。甘酸のバランスや飲み口が良く、シンプルながらも奥深い味わいが特徴の純米大吟醸「月白」や、アルコール度数は低めながらもお米本来の甘酸やすっきりした後味を楽しめる純米大吟醸「黄水仙」など、いずれも名酒ぞろい。ユーザーからは「甘味や酸味も控えめに辛味で切れます。食中酒として優秀な酒(月白)」「控えめに漂う甘い吟醸香(黄水仙)」といった声が寄せられています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング