ニュース

「シャープ製品」公式Twitterが運営停止へ 「ミニスーファミ」値踏みツイートで炎上

「スーパーマリオワールド」200円、「ファイアーエムブレム 紋章の謎」0円など、あまりにも辛口な値付けでファンから怒りの声があがっていました。

 シャープは7月11日、任天堂の「ミニスーファミ」をめぐる発言が炎上していたシャープ製品公式Twitter(@SHARP_ProductS)について、一切の運営を停止すると発表しました(※)。

※「シャープさん」ことシャープ公式アカウント(@sharp_jp)とは別

 同アカウントは6月27日に、任天堂の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」発表に関連して、「面白そうだけど…冷静に、私の思い出(年代的にボリュームゾーン世代より少しずれている事が大きい)を価値に換算していくと…」と、本体や収録タイトルの「主観的価値」を表にしてツイート。しかし、「スーパーマリオワールド」200円、「ファイアーエムブレム 紋章の謎」0円など、あまりにも辛口な値付けだったこともあり「なぜ公式アカウントで他社製品を値踏みするようなことを」と批判が殺到。その後ツイートを削除し、「不適切な発言をしてしまいました」と謝罪していました。

6月27日に発表された「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」
当初投稿されていたツイート(現在は削除済み)

 同アカウントはもともと、シャープの電子書籍端末「GALAPAGOS」についての情報を発信する目的で2010年に開設されたもの。「シャープさん」の愛称で親しまれている「シャープ公式アカウント」(@sharp_jp)よりも開設は1年早く、これまで7年にわたって運用されていました。

 シャープ広報に問い合わせたところ、今回の決定は「問題があったことを受け、社内で反省点の洗い出しや見直しを行った結果」とのこと。シャープ公式アカウントでは、今回の決定について報告するとともに、次のようにコメントしました。「インターネット、特にツイッターは、だれかが好きなもの、思い入れのあるものを共通項に人々が繋がりあう側面があると、私は思います。だからこそ企業アカウントはどんな時も、だれかの好きや思い入れを否定することは決して許されません。ほんとうに申し訳ありませんでした」。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.