ニュース

ネットユーザーの46%がスマホのみで利用 PCのみの利用者はわずか7%に

使用端末の分布では、iPhoneがAndroidよりやや優勢。若年層ほどiPhoneの利用者が多いとのこと。

 ネットユーザーのうち、46%がスマートフォンのみで利用していることがLINEの調査で分かりました。

スマホとPCを併用している層は39%、PCのみの利用者は7%

 職場や学校での利用を含む、週に1回以上インターネットを利用している15~59歳の男女を対象に、10月に行われた調査。サンプル数は763で、人口構成比に沿って抽出されています。

 調査結果によると、スマホでの利用者は全体の85%に対し、PCでの利用者は46%。スマホとPCを併用している人は39%で、PCのみの利用者はわずか7%となっています。図には含まれていませんが、タブレットのみは0.7%、フィーチャーフォン(ガラケー)のみとの回答も2%ありました。

 利用しているスマホの種類は、全体ではiPhone(iPod touch含む)が58%、Androidが44%。30代以上のデータを見ると両者は拮抗していますが、若年層ほどiPhoneを選ぶ傾向があり、20代以下では70%以上が利用しています。

複数回答のため、両機種を持つ人も若干いるようです

(沓澤真二)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.