ニュース
» 2008年05月15日 17時50分 UPDATE

ねとらぼ:ケータイで人気の「パネェ画」を作ってみた

“パネェ”気持ちを伝える待受画像、「パネェ画」が人気だ。黒地に白文字で「パネェ(半端ない)ぐらい愛してる」など、ストレートな気持ちを書き込む。

[ITmedia]
画像 「パネェ画」Google画像検索の結果

 「パネェ画」というものがある。携帯電話の待ち受けに使われる画像で、黒地に白抜きで「パネェくらい○○」などと書くのがお約束。パネェは「半端ない」の略語で、パネェ画は、「パネェ」気持ちを表現した画像、ということらしい。

 「パネェ」が流行し始めた2006年ごろから作られているようで、EZwebで「パネェ画」を検索してみると、一般サイトのヒット数は6万8900件。EZweb公式だけなら337件ヒットする。

 一般サイトの検索結果には、「パネェ画が手に入る」といううたい文句で別の宣伝サイトに飛ばす――というだましリンクもかなり多く、「パネェ画」が集客につながる人気コンテンツになっている、ということを裏付けている。

 編集部でもパネェ画を作ってみた。無料のパネェ画作成サイトはたくさんあり、フォントを選んで文字を入力するだけのシンプルなものから、背景や文字色、画像サイズまで選べるものまである。

 記者はパネェ画初心者なので、文字とフォントを入力するだけのサイトで、「パネェくらい ITちゃん 愛してる」と入力し、フォントの異なる3種類のパネェ画を作ってみた。


画像
画像
画像

 白抜きの明朝やゴシックフォントの「愛してる」は、真剣すぎて気恥ずかしい。相手が「ITちゃん」だけになおさらだ。冗談みたいなこんなせりふは、3番目に作った、手書き風の赤い文字が一番しっくりくる気がした。

 だがパネェ画の基本はあくまで黒地に白抜き。「大好き」などといった、なかなか口には出せない気持ちを、ケータイを通じてストレートに表現するためのツールのようだ。

 ケータイネット上には、リクエストに応えてパネェ画を作ってくれる“職人”ユーザーもたくさんいる。そういったユーザーが集まるブログやコミュニティーサイトの掲示板などで、作って欲しい文字やイメージを伝えれば、PCなどでパネェ画を作り、無料でアップロードしてくれるのだ。

 ちなみに、背景に竜などの画像を入れ、演歌のようなせりふや、「愛羅武勇」などと書き込むと「ヤン画」「ヤンキー画」と呼ばれるものになるらしい。ケータイ画像の世界は広い。

関連キーワード

ねとらぼ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー