ニュース
» 2009年01月30日 16時55分 UPDATE

ねとらぼ:関西弁のおばちゃんキャラが話し掛けます――おせっかいなSNS「ツツヌケ」

関西弁のおばちゃんキャラが話し掛けてくる“おせっかい”なSNS「ツツヌケ」がオープンした。

[ITmedia]
画像

 ヒョウ柄の服を着た関西弁のキャラクター「おばちゃん」(58歳)が話し掛けてくる“おせっかいな”なSNS「ツツヌケ」が1月30日オープンした。

 大阪のとある町にある下宿屋「ツツヌケ荘」という設定のSNS。ユーザーは会員登録するとツツヌケ荘の「住人」となり、マイページ「自分の部屋」で日記を投稿したり、プロフィールを公開できる。

 おばちゃんはツツヌケ荘の管理人。ユーザーがログインすると「おかえり〜 好きなおでんの具は?」などと質問したり、ほかのユーザーを紹介したり、日記にコメントを付けたり――と、おせっかいを焼いてくれる。

 おせっかいなおばちゃんによって、日記を書いても反応がないから面白くないなどの理由で“幽霊化”するユーザーを減らし、サイトを活性化させる狙いだ。

 ITベンチャーのQriptが開設した。「今後も更なるおせっかいツールを展開し、日本のコミュニケーションの活性化に挑戦する」としている。

関連キーワード

SNS | 日記 | ねとらぼ | ベンチャー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう