ニュース
» 2011年04月07日 11時28分 UPDATE

名作文学も萌え萌えに 声優の朗読入り「萌える文学」iPhoneアプリ

声優の朗読と萌えイラストで名作を楽しめる「萌える文学」アプリが登場した。

[ITmedia]

 萌えで名作文学を楽しむiPhoneアプリ「萌える文学『柚木涼香の新ごんぎつね』」が登場した。価格は350円。

ah_moe1.jpgah_moe2.jpgah_moe3.jpg

 声優による朗読と萌えイラストを盛り込んだ朗読ブックアプリ。新美南吉の「ごん狐」を原案に、舞台を現代に置き換え、登場人物をすべて少女という設定にしている。朗読は「うたわれるもの」などに出演の柚木涼香さん、イラストは「もえるるぶ東京案内」などを手がける風上旬さん。

 販売元のクンストラボトウキョウは「『萌え』という現代的感覚を入れ込むことで、古典となった作品への興味を持ってもらい、新たな魅力を見つけてもらえれば」としている。今後「萌える文学」をシリーズ化し、第2弾「加藤英美里の新猫の事務所」、第3弾「後藤沙織里の新手袋を買いに」をリリースする予定という。

alt

関連キーワード

萌え | 文学 | 声優 | 柚木涼香 | iPhoneアプリ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー