ニュース
» 2011年04月11日 14時38分 UPDATE

Google ストリートビュー 被災地の写真は今後どうなる?

ストリートビューに被災前の写真を残して欲しい――こんな要望がGoogleに多数寄せられている。

[宮本真希,ITmedia]
画像 仙台空港周辺のGoogleマップ。上は被災前に撮影したストリートビュー、下は被災後の航空写真

 「Google マップ」のストリートビューに、東日本大震災前の写真を残してほしい――こんな要望がユーザーからGoogle日本法人に多数寄せられている。同社の徳生健太郎 製品開発本部長は4月11日の記者発表会で「画像を消去することはない。今後どう見せていくかは検討中」と話した。

 ストリートビューでは、宮城県や岩手県の一部など東北地方の街並みを2008年8月から公開してきた。08年前半に撮影したもので、例えば仙台空港周辺など、地震による津波で壊滅的な被害を受けた地域も含まれており、被災前の様子を閲覧できるようになっている。

 ストリートビューの写真はこのまま公開していくのか、被災地で新たに撮影するのか――など、今後については検討している段階だ。徳生部長は「被災前の写真を史実として残すことは重要だと思っている。これまで撮影した画像を消去することはない。どう見せていくかは検討中」とコメントした。

 Google マップでは、道路状況の確認などに役立ててもらう狙いで、すでに被災地の航空写真衛星写真を公開している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー