ニュース
» 2011年04月12日 19時40分 UPDATE

日々是遊戯:もはや「改造」の域を超えた……? あの有名ゲーム機が「水冷式」に

海外のユーザーが製作した、ある改造ゲーム機が話題となっています。元はみんなよく知っているゲーム機のはずですが……。

[池谷勇人,ITmedia]

非売品です

 この写真、ちょっと見ただけで何だか分かった人はかなりスゴいかも。両脇には何やらブルーの液体が入った円筒形の装置。高級感のあるアルミニウム製ボディには「UNLimited Edition」の文字が刻まれています。

wk_110412hibikore01.jpg 「UNLimited Edition」と書かれたこちらの物体、実はみんながよく知っているゲーム機なんです

 もはや原型を留めていませんが、実はこれ、海外のユーザーによって作成された「水冷式Wii」。確かによく見ると、ケース側面や本体内部に「Wii」のロゴを見つけることができますが、パッと見てこれがWiiだと分かる人はかなり少ないのでは……?

 ポイントは両脇に設置された高さ220ミリ、直径70ミリの水冷システムで、ブルーに着色された冷却水がWii本体をクールに冷却。ご丁寧にも、ケース上部にはデジタル式の温度計まで付いているというこだわりようです。また本体前面はシースルーになっており、中に何のディスクが入っているかが一目で判別できるのもいいですね。

 制作したのは「Case Mod Blog」管理人のMartin Nielsen氏。これまでにも様々な改造PC、改造ゲーム機を手がけてきた同氏ならではの、個性溢れるデザインは見事と言うほかありません。「Case Mod Blog」のエントリ「Mother of all Wii Mods, “UNLimited Edition."」ではさらに多くの写真も公開されています。

wk_110412hibikore02.jpgwk_110412hibikore03.jpgwk_110412hibikore04.jpg 今まで誰も「水冷式Wii」を作らなかったことについて、Martin Nielsen氏はブログで次のようにコメントしています。「むしろなぜ誰も作らなかったんだい?」

関連キーワード

Wii | 改造 | 水冷 | 冷却 | 日々是遊戯 | 金属ボディ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー