ニュース
» 2011年04月18日 08時24分 UPDATE

「著作権侵害はダメ」――YouTubeがアニメでユーザー教育

YouTubeが「著作権学校」を開設し、ユーザーを啓蒙している。教材にはアニメを利用。

[ITmedia]

 他者の作品を無許可で投稿すると、訴訟を起こされるかもしれないし、YouTubeのアカウントを停止される――YouTubeがアニメでユーザーに教えている。

 これは著作権についてユーザーを啓蒙するための新たな取り組みの一貫。同社はこの取り組みの下、著作権者から侵害コンテンツの削除要請があった場合に、そのコンテンツの投稿者に「著作権学校」ページにアクセスするよう通知する。ユーザーはこのページで教育アニメを見て、著作権に関する理解度を試される。

 また、YouTubeでは従来、著作権侵害の警告を3回受け取ったユーザーのアカウントを停止していたが、このルールを変更し、一定期間ルールを守ったユーザーについては過去の警告を削除することにした。ヘルプセンター「Copyright Center」もリニューアルした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!