ニュース
» 2011年04月18日 18時06分 UPDATE

ビックカメラ、節電家電の売り上げの1%を震災孤児支援に寄付

ビックカメラは節電家電の売り上げの一部を寄付することで、家電買い替えによる家庭での節電と被災地支援を推進するとしている。

[ITmedia]

 ビックカメラは4月18日、節電家電の売り上げの1%を東日本震災の震災孤児支援に寄付すると発表した。家電買い替えによる家庭での節電と被災地支援を推進するとしている。

 実施は4月23日から。対象商品はエアコン、冷蔵庫、テレビ(いずれも統一省エネラベル★3つ以上)のほか、LED電球、LEDシーリング、太陽光発電、省エネ内窓など1500品目以上。

 同社は、家庭の消費電力はエアコン、冷蔵庫、テレビ、照明で約7割を占めており、これらを最新モデルに買い替えるだけで、消費電力を数年前の旧モデルから約3割削減できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー