ニュース
» 2011年04月22日 11時22分 UPDATE

「子どもは夜中ネトゲ禁止」――韓国“シンデレラ法”、国会審議へ

韓国の国会で、青少年のオンラインゲーム利用を制限する通称“シンデレラ法”が審議されることになった。

[ITmedia]

 韓国の国会法制司法委員会(法司委)で4月21日、「16歳未満は午前0〜6時までオンラインゲームを禁じる」とする青少年保護法改正案(通称「シンデレラ法」)が可決されたと韓国主要紙が報じている。4月末に国会本会議で審議される。

 韓国では青少年のゲーム中毒が社会問題化しており、昨年にはオンラインゲームの利用時間をめぐる口論で中学3年生が母親を刺殺し、自らも命を断つという事件が起きた。政府の推計では国内のゲーム中毒者は約100万人という。シンデレラ法はこうした状況への対策として提案された。

 シンデレラ法が国会本会議で可決された場合、6カ月の準備期間を経て施行される。すべてのオンラインゲームが規制対象となるが、具体的な規制方法はまだ決まっていない。年齢の判断は住民登録番号で行われると予想されるが、親の番号を盗用されると対応できないという声も上がっている。

 法司委ではモバイルゲームの規制についても議論が行われたが、こちらは2年間の猶予期間を置くことで決着した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー