ニュース
» 2011年04月27日 19時14分 UPDATE

漫画を手軽に制作できる「コミPo!」、3Dデータを読み込み可能に

絵が描けなくても、漫画を手軽に制作できる「コミPo!」で、3Dデータを読み込み、コマに配置できるようになった。

[ITmedia]
画像

 絵が描けなくても、マウスを使ってキャラなどをコマに配置し、漫画を製作できるソフト「コミPo!」が4月27日、3Dデータの読み込みに対応した。自作のデータやネットで公開されているデータを利用し、より多彩なキャラクターや素材で漫画を描けるようになる。

 3DCGソフト「Metasequoia」(メタセコイア)で作成したMQOファイルを読み込めるよう、コミPo!を無料でアップデートする。読み込んだデータは自由に拡大・縮小したり、向きを変えたりして、漫画のコマに配置できる。

 3Dデータは、コミPo作品の販売サイト「もえコミPo!」と3D素材マーケット「e3paper」で公開・販売することも可能だ。

 あらかじめ用意されたデータだけでなく、自作データなどを利用できるようにすることで、コミPo!で制作する漫画の表現力を高める狙い。同ソフトを製作したコミPo!製作委員会の委員長を務め、ギャグ漫画家として知られる田中圭一さんは「3Dモデラーの新たな腕の見せどころにもなるのでは」と語る。

 コミPo!は昨年12月に発売(関連記事:絵が描けなくても漫画が簡単に制作できる“夢のソフト”「コミPo!」製品化へ)無料体験版を利用したユーザーの約2割が製品版を購入しているという。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!