ニュース
» 2011年05月02日 16時59分 UPDATE

韓国“シンデレラ法”国会通過 16歳未満は深夜のネトゲ禁止に

韓国で青少年のオンラインゲーム利用を制限する通称“シンデレラ法”が国会本会議を通過。早ければ11月から適用される。

[ITmedia]

 韓国で「16歳未満は午前0〜6時までオンラインゲームを禁じる」とする青少年保護法改正案(通称「シンデレラ法」)が4月29日、国会本会議において賛成多数で可決されたと韓国主要紙が報じている。早ければ11月から施行される。

 同法は韓国で社会問題化している青少年のゲーム中毒への対策として提案された。ゲーム業界や市民団体からは反対の声が上がっており、「ゲームをする権利を制限するのは権利侵害であり、違憲だ」として訴訟を起こそうとする動きもあるという。

 シンデレラ法の具体的な実施方法は決まっていない。年齢の判断は住民登録番号で行われると予想されるが、親の番号を盗用されると対応できないとの指摘もある。また国外のサーバには適用されないため、効果のほどを疑問視する声もある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう