ニュース
» 2011年05月09日 19時43分 UPDATE

チケットぴあ、APIを法人向けに公開 チケット購入機能を他社サイトで

「チケットぴあ」がWeb APIを法人向けに公開。ぴあのチケット購入機能や公演情報を他社サイトが利用できる。

[ITmedia]

 ぴあは5月9日、「チケットぴあ」のWeb APIを法人向けに有料で公開した。他社サイトやスマートフォン向けアプリなどで、ぴあのチケット購入機能や公演情報を利用できる。今後、個人向けにAPIを公開するかどうかは未定という。

 アーティスト情報をキーワードやジャンルで検索したり、チケットの在庫情報を取得したりできる「検索系API」と、チケットを購入したり、購入履歴を調べたりできる「購入系API」の2種類を用意した。

 利用料は、検索系APIのみで月額20万円、検索系APIと購入系APIのセットで月額50万円。

 博報堂DYホールディングス傘下のAD plus VENTUREとゼンリンデータコムが4月に設立したMedia JUMPが、今夏公開予定のサービスで導入することが決まっている。

関連キーワード

チケット | ぴあ | API


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!