ニュース
» 2011年05月13日 11時04分 UPDATE

最大落下角度121度のコースターが富士急ハイランドに その名も「高飛車」

落下角度は121度、43メートルのタワーを一気に垂直上昇――富士急ハイランドに7月に新たな絶叫マシン「高飛車」が登場する。

[ITmedia]
ah_taka.jpg

 山梨県のテーマパーク富士急ハイランドは、新しい大型ローラーコースター「高飛車」(たかびしゃ)を7月16日にオープンする。最大落下角度は世界最大の121度で、ギネス申請中という。

 高飛車は総工費およそ30億円、全長約1000メートル、最高速度は時速100キロ。121度の最大落下角度に加え、「空を見上げる姿勢で約43メートルのタワーを一気に垂直上昇する垂直巻き上げ」「落下姿勢での一時停止」「約2秒間で時速100キロに達する直線加速」「暗闇の中の走行」「7カ所のひねり」などが特徴だ。

 富士急ハイランドには既に「FUJIYAMA」「ドドンパ」「ええじゃないか」というローラーコースターがあり、高飛車の完成で「4大コースター」が揃うという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー