ニュース
» 2011年05月17日 19時36分 UPDATE

メンバーが救護服姿で登場!:AKB48と一緒に学ぼう 「もっとよく知る赤十字!」キャンペーン

AKB48が日本赤十字社の活動への理解を広めるオフィシャルメッセンジャーに就任。発表会には高橋みなみさんや板野友美さんらが登場した。

[ITmedia]

 日本赤十字社は5月17日、赤十字の活動をより多くの人に知ってもらうため、AKB48を起用した新キャンペーンを立ち上げ、啓発サイト「AKB48と一緒にもっとよく知る赤十字!」をオープンした。

 当日開かれたキャンペーンの発表会には峯岸みなみさん、板野友美さん、高橋みなみさん、高城亜樹さん、渡辺麻友さんのAKBメンバー5人が赤十字社の救護服で登場。AKB48が独自に進めている義援金プロジェクトで、日本赤十字社へ2回目の振り込みを行ったことも明らかにした。

ky_akb_0517_1.jpg 左から、峯岸みなみさん、板野友美さん、高橋みなみさん、高城亜樹さん、渡辺麻友さん(クリックで拡大)
ky_akb_0517_2.jpgky_akb_0517_3.jpgky_akb_0517_4.jpg

 高橋みなみさんは「赤十字の使命は、世界中で苦しんでいる方を平等に救うことです。ひとりひとりが力を合わせれば、必ず救える命があります。今、自分に何ができるかを考え、私たちと一緒に行動してみませんか。まずは知ることから。Webで、私たちと一緒に赤十字について学んでいただけると嬉しいです」と語った。

ky_akb_0517_5.jpg

 キャンペーンサイトでは、クイズ形式で学ぶ「赤十字検定」が公開されている。今後、AKB48からメッセージやCM動画が追加される予定。

 日本赤十字社によると、13日までに東日本大震災の被災者への義援金は220万件、1873億円に達した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!