新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年05月19日 09時02分 UPDATE

世界一の富豪、世界一奇抜(?)な美術館をオープン

メキシコの「通信王」カルロス・スリム・ヘル氏が美術館をオープン。かなり変わった形だ。

[ITmedia]

 Forbes誌の世界長者番付1位でメキシコの通信会社を経営するカルロス・スリム・ヘル氏が、世界一奇抜かもしれない美術館をオープンした。

ah_slim1.jpgah_slim2.jpg
ah_slim3.jpgah_slim4.jpg

 この美術館「Soumaya Museum」はメキシコシティにあり、同氏が所有する美術品を展示している。外側は窓がなく、6角形の金属プレートで覆われ、真ん中がくびれたような形をしている。中は6階建てで、メキシコの画家ディエゴ・リベラの壁画や、エル・グレコ、ヴァン・ゴッホ、マチスなどの作品が飾られている。Soumayaという名前は亡くなった妻にちなんでいるという。

関連キーワード

芸術 | メキシコ | 富豪 | 美術館 | スリム


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー