ニュース
» 2011年05月19日 16時24分 UPDATE

人の体にタッチして演奏 「にんげんがっき」

手や足、ほっぺ、おでこに触ると……人の体が楽器になるおもちゃ「にんげんがっき」が登場。

[ITmedia]
画像 気になるあの子に堂々とタッチできるかもしれませんね

 手や足、ほっぺ、おでこに触ると……人の体が楽器になるおもちゃ「にんげんがっき」を、タカラトミーアーツが6月30日に発売する。価格は3360円。

 4カ所の電極スイッチを備えた人型のおもちゃ。電極スイッチにタッチしている人同士の肌が触れ合うと、本体から効果音やメロディーが流れる。本体から体内へ微弱な電流が流すことで音を奏でる仕組みだ。

 肌が触れ合うたびに1音ずつ流れる「えんそうモード」では、「大きな古時計」「運命」など10曲を演奏可能。プレイヤーが手を震わせながらタッチし合って、ビブラート演奏することもできる。ドラム演奏ができる「ドラマーモード」、動物の鳴き声や金属音など30種類の効果音が鳴る「へんしんモード」も備えた。

 本体サイズは115(幅)×95(高さ)×30(奥行き)ミリ、重さは70グラム。単4形アルカリ電池2本で駆動し、約4時間連続使用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう