ニュース
» 2011年05月20日 09時33分 UPDATE

社員1人当たりの利益、IT大手ではAppleがトップ

Appleの社員1人当たりの利益はGoogleの1.25倍、Microsoftの1.71倍、IBMの10倍以上に上る。

[ITmedia]

 Appleは過去1年間に社員1人当たりの42万ドルの利益を稼ぎ出しており、GoogleやMicrosoftを上回っている――Web分析会社Pingdomがこのような集計結果を発表した。

ah_pingdom1.jpg 2008年と2011年の社員1人当たり利益

 同社は米国で株式を公開している大手IT企業を選び、1年間の社員1人当たり利益を計算した。比較したのはApple、Google、Microsoft、Intel、Cisco、eBay、Adobe、Yahoo!、Oracle、IBM、Amazon、Hewlett-Packard(HP)、Dell。 

 その結果、1人当たり利益が最も多いのはAppleだった。次いでGoogle(34万ドル)、Microsoft(24万ドル)、Intel(13万ドル)、Cisco(11万ドル)となる。

 Appleの社員1人当たり利益はGoogleの1.25倍、Microsoftの1.71倍だ。2008年時はGoogleの方がAppleよりも社員当たり利益が大きかったが、追い抜かれた。2008年から、Appleは2.8倍、Googleは1.8倍、Microsoftは1.3倍となっている。CiscoやAdobe、eBay、Dellは低下している。

 社員数は、Appleは2008年の3万3200人から4万6600人に増え、Googleは2万164人から2万6316人に増えている。Microsoftは9万1000人から8万9000人に減少している。調査したIT大手の中で最も社員が多いのはIBMで43万6000人だが、社員当たり利益は3万4600ドルとAppleの10分の1以下だ。

ah_pingdom2.jpg 2008年と2011年の社員数

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう