ニュース
» 2011年05月23日 21時04分 UPDATE

Appleストア10周年、結局何があった?

Appleストアがオープン10周年を迎えた直後の週末、iPad 2を使った新しい店舗ディスプレイが導入された。うわさされていた新製品発表はなかった。

[撮影:佐々木千之,ITmedia]

 5月19日、米Appleが初の直営店をオープンしてから10年を迎えた。10周年後の日曜(5月22日)には特別なイベントがあり、もしかしたら新製品が発表されるかも――ネットにはそんなうわさが流れたが……。

 22日には各地のAppleストアに、iPad 2を使った新たなディスプレイが導入された。従来の紙による説明書きに代えて、展示された商品の横にiPad 2を置き、顧客は商品の説明をiPad 2で閲覧するようになっていた。ディスプレイに使われているiPad 2は特別に設定されたもののようで、「特徴」「比較」「サポート」などのメニューが表示され、ホームボタンを押しても反応しないようになっている。

ah_apple1.jpgah_apple2.jpgah_apple3.jpg iPad 2を使った商品説明(ニューヨーク5番街店)

 それ以外には大きな記念イベントなどはなかったようだ。ニューヨーク5番街店はiPad 2による商品案内のほかは、特に記念日らしいものはなかったという。

ah_apple4.jpgah_apple5.jpgah_apple6.jpg 日曜の午後のAppleストアは観光客でにぎわっていた
ah_apple7.jpgah_apple8.jpgah_apple9.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー