ニュース
» 2011年05月30日 10時17分 UPDATE

Apple、6月にクラウド音楽サービス披露の可能性

Appleが6月の開発者向けイベントで、クラウド音楽サービス「iCloud」をプレビューするかもしれないと報じられている。

[ITmedia]

 米Appleは、早ければ6月の開発者会議でクラウド音楽サービスを披露するかもしれないと、Bloombergが報じている。

 同サイトによると、Appleはクラウド音楽サービスに必要な契約を4大レーベル中3社(Sony Music、EMI、Warner Music)と交わし、残るUniversal Musicとも合意間近。6月6日に開幕のWorldWide Developers Conference(WWDC)でプレビューされるかもしれないという。

 これまでの報道では、このサービスは「iCloud」と呼ばれている。ユーザーのiTunesライブラリをスキャンして、楽曲をサーバにアップロードするという。ユーザーはサーバ上の音楽をネット経由でストリーミング再生でき、音質はiTunes Plusと同程度(256kbps AAC)。ユーザーが持っている楽曲が低音質の場合、高音質の曲に置き換えられると報じられている。

 AmazonとGoogleは今年に入り、米国でクラウド音楽サービスをスタートしている。Appleがクラウド音楽サービスを提供するといううわさは2009年からあったが、ライバルに先を越された格好だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー