ニュース
» 2011年06月06日 14時28分 UPDATE

全国のクリエイターが表現を競う「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2011」開催

今年は、震災に向けて掲げているスローガンをキーワードにテーマにした部門も。インターネットと広告のさらなる発展のために。

[ITmedia]

 Yahoo! JAPANを運営するヤフーは、「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2011」を開催する。

 インターネット関連で革新的なクリエイティブ制作を行うクリエイターと、新しいインターネット広告の可能性を開拓した広告活動を顕彰することにより、インターネットと広告がさらなる発展を遂げることを目的としている。

 7月15日から8月10日までの期間、「一般の部」と「企業の部」でそれぞれバナー部門、ウェブコンテンツ部門、スマートデバイス部門の3部門で作品を募集。審査員によるノミネート選考、サイト上でのノミネート発表、特別審査員も加わる最終審査会を経て、11月に贈賞式が行われる。

 なお、今年の一般の部バナー部門では、Yahoo! JAPANが震災に向けて掲げているスローガン「つなげる想い、つながる希望。がんばろう ニッポン!」をキーワードにテーマを決めて、その啓発バナーを作成することになっている。また、昨年度のスマートフォン部門が審査対象を拡大して「スマートデバイス部門」と改められ、特別賞には「Creative Hack賞」に加え、「HTML5賞」「学生賞」が新設された。

 なお一般の部グランプリには100万円と賞状、トロフィーが贈呈される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー