新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年06月07日 04時14分 UPDATE

Apple、クラウドサービス「iCloud」を発表 文書や音楽をクラウドに

Appleのクラウドサービス「iCloud」は、アドレス帳やカレンダー、文書や写真、音楽をクラウドに保存できる。スティーブ・ジョブズ氏は「デジタルハブをクラウドに移す」としている。

[ITmedia]

 米Appleは6月6日、開発者会議WWDCでクラウドサービス「iCloud」を披露した。無料で今秋リリースの予定。

ah_jobs2.jpg

 スティーブ・ジョブズCEOいわく「デジタルハブをクラウドに移す」サービス。iPhone、iPad、iPod touch、Mac、PCのコンテンツをクラウドに保存し、手持ちのデバイスに自動的にワイヤレスにプッシュする。

 「MobileMe」を最初から書き直したといい、アドレス帳やカレンダーの予定、メールがクラウドに保存され、すべてのデバイスと共有される。App Store、iBooksで購入したアプリも、最大10台のデバイスにダウンロードできる。

 ワイヤレスでクラウドにiOSのバックアップを取る「iCloud Backup」機能もある。購入したアプリ、書籍、音楽などをWi-Fi経由で毎日バックアップする。

 Pages、Numbers、Keynoteで作成した書類もクラウドに保存される。Appleは開発者向けにiCloudを使ってアプリを作れる「iCloud Storage API」を提供する予定であり、このAPIを使って作成した文書も、クラウドに保存できる。

 撮影した写真を自動的にクラウドに保存し、ほかのデバイスと共有する「Photo Stream」もある。この機能はiOSデバイスのカメラアプリやMacのiPhotoに組み込まれている。保存期間は恒久ではなく、最新1000枚、30日という制限がある。

 またiCloudには「iTunes in iCloud」機能もあり、iTunes Storeで購入済みの曲を手持ちのどのデバイスにもダウンロードできる。ユーザーがCDからリッピングした音楽については、年額24.99ドルの「iTunes Match」を利用すれば、購入済みの曲と同様に扱える。iTunes Match(米国のみで提供)はユーザーのライブラリをスキャンして、iTunesで販売中の曲と照合して、照合できた曲を256 kbps AACのDRMフリー版に置き換える。

 iCloudは今秋リリース予定のiOS 5に組み込まれる(iTunes in iCloudはiOS 4.3βでも利用できる)。メール、文書、バックアップの容量は5Gバイト。音楽、写真は含まれない。。

 Appleはこの日iOS 5も発表した。通知を集約した「Notification Center」、Twitterとの統合、タブブラウザ、IM機能「iMassage」、左右に分割して表示できる新しいソフトウェアキーボード、写真の切り抜きや回転などの編集機能、リマインダ、「PCフリー」のワイヤレスアップデートなどが特徴だ。→詳細記事

 またMac OS X「Lion」はMac App Storeでのみ販売することも明らかにした。29.99ドルで7月リリース。

ジョブズ氏登場

 今回のWWDC基調講演には療養休暇中のジョブズCEOが登場。同氏が登壇した途端、多くの観客がスタンディングオベーションを贈るなど、相変わらずの人気ぶりだった。

ah_jobs_so.jpgah_jobs_wwdc.jpg スタンディングオベーションの客席(左)

 基調講演の映像はAppleのサイトで公開されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事