ニュース
» 2011年06月10日 10時49分 UPDATE

トレース疑惑の「ご当地萌え」、販売元が謝罪 製品を回収

ご当地をテーマにした萌えキャラ商品「ご当地萌え」にトレース疑惑が指摘されていた件で、販売元の日本観光商事が謝罪した。

[ITmedia]
ah_moe.jpg 謝罪文

 観光みやげを手がける日本観光商事は6月9日、同社の商品「ご当地萌え」シリーズにトレース疑惑が指摘されていた件について、「他社の著作権に十分な配慮を怠った可能性が高い」として謝罪した。

 「ご当地萌え」はご当地をテーマにした萌えキャラを使った商品。キャラのイラストが、人気アニメの絵をトレースしているのではないかと指摘する声がネットで上がっていた。

 日本観光商事は指摘を受け、社内調査と専門家への確認を行い、「他社の著作権に十分な配慮を怠った可能性が高い」ことが判明したとしている。 「弊社と致しましては、複数の見解があるものの、現在のデザインで販売を継続することは不適切であると判断し、回収、廃棄及びデザインの変更を行う」ことを決定したと述べている。ご当地萌えのページは既に削除されている。

関連キーワード

ご当地 | 萌え | 謝罪 | 観光 | 著作権 | アニメ | イラスト


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう