ニュース
» 2011年06月10日 15時50分 UPDATE

韓国政府、子どもの携帯使用自粛を呼びかけ WHOの発がんリスク報告で

韓国政府は携帯電磁波の発がんリスクについて、「過度の不安を持つ必要はない」としつつも、子どもは大人よりも影響を受けやすいため、不要な携帯使用を減らすべきとしている。

[ITmedia]

 韓国の保健福祉部(日本の厚生労働省にあたる)が、携帯電話の電磁波に発がんリスクがあるとして、子どもの携帯電話使用を自粛するよう呼びかている。

 この呼びかけは、世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が先月、携帯電話に限定的な発がんリスクがあると発表したことを受けてのもの。IARCは携帯電話の電磁波には、コーヒーや漬物、ガソリンエンジンの排ガスと同程度の発がんリスクがあるとしている。

 保健福祉部は、「今後、携帯電話とがん発生の関連性について綿密に調査研究を継続しなければならない。過度の不安を持つ必要はない」としつつも、「成長期の子どもたちが受ける影響は大人より大きいため、携帯電話の不要な使用を減らしたり、ハンズフリー製品を使用して、影響を最小限にする努力が必要だ」と呼びかけている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー