ニュース
» 2011年06月14日 17時13分 UPDATE

「宇宙酔いになった」――古川聡宇宙飛行士、ISSからツイート

6月8日に打ち上げられ、10日より国際宇宙ステーションに滞在している宇宙飛行士の古川聡さんが船内の様子をツイートしている。

[ITmedia]

 6月8日にソユーズに搭乗し、10日から国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している日本人宇宙飛行士の古川聡さん(@Astro_Satoshi)が宇宙からツイートしている。

 古川さんは国際宇宙ステーションに到着するや、「6月8日早朝にソユーズ宇宙船で打ち上がり、2日間かけて国際宇宙ステーションに徐々に近づき、6月10日早朝にドッキングしました。応援ありがとうございます。」と投稿。船内の様子を伝えつつ、宇宙酔いになったことを打ち明けている。

主観的に。宇宙酔いしました。特に頭を急に動かすとウゲー、気持ち悪くて吐き気がする。頭の芯も重い。何とかしてください。less than a minute ago via web Favorite Retweet Reply

 日本人の宇宙からのツイートは、野口聡一さんと山崎直子さんに続く3人目となる。地上約350キロ上空の地球周回軌道にあるISSから、“直接”宇宙飛行士がツイートできるようになったのは昨年の1月から。ティモシー・クリーマーさんが最初とのこと。

 古川さんは自らの宇宙酔いについて、「宇宙酔いは初飛行の飛行士の3分の2程度が経験するとされ、一過性なので心配ありません。脳が無重量環境に適応する過程と考えられています」と、医師として冷静に判断。頭の芯が重いのは体液シフトのためと説明している。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「宇宙滞在に伴う健康問題」のページには、宇宙酔いの原因として耳の中(内耳)にある「前庭器官」が微小重力環境で影響を受けるためで、数日でおさまると紹介されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー