ニュース
» 2011年06月17日 12時05分 UPDATE

東京おもちゃショー2011:ガリガリ君でかき氷が作れる「おかしなカキ氷ガリガリ君」を見てきた

「おかしなカキ氷ガリガリ君」は、ガリガリ君をおろし金でおろして食べるというネットのブームから生まれたおもちゃ。ガリガリ君の風味がするフワフワのかき氷が作れる。

[山本恵太,ITmedia]

 アイスキャンディー「ガリガリ君」を使ってかき氷を作る「おかしなカキ氷ガリガリ君」を、タカラトミーアーツが「東京おもちゃショー」で展示していた。本体にガリガリ君を入れて回すと、ガリガリ君がかき氷になって出てくるというもの。同社のブースでは、実際に商品を使ってかき氷を作っていた。

ky_garigari_0617_01.jpgky_garigari_0617_02.jpgky_garigari_0617_03.jpg カラーは「ソーダ色」「イチゴ色」の2色(右)

 袋から出したガリガリ君を筒型の本体に入れて、キャップをはめて左右にガリガリと回転させると、フワフワのかき氷になったガリガリ君が出てくる。ブーススタッフによると、力を入れなくても簡単にすり下ろすことができるという。数秒でお皿の周りにガリガリ君のいいにおいが漂ってきて、食欲がそそられる。これはたまらん。


 ガリガリ君をすり下ろすという食べ方は、今までにも“スリガリ君”としてネットで流行していた。昨年テレビ番組「潜入! リアルスコープ」で製造元の赤城乳業がオススメの食べ方として紹介したのがきっかけだ。筆者も番組を見てすぐ試し、アイスバーとして食べるのとは違うおいしさに驚かされた。そのとき気になったのが、家庭用のおろし金では中の棒が邪魔になるという点だ。今回の商品はその問題を解決しており、誰でも簡単にスリガリ君の味を楽しむことができるように作られていた。

 6月下旬に発売予定で、カラーは「ソーダ色」「イチゴ色」の2色。価格はそれぞれ997円。

 「東京おもちゃショー2011」は東京ビッグサイト(東京・お台場)で開催している。一般公開は18〜19日で、入場は無料。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー