ニュース
» 2011年06月22日 19時55分 UPDATE

3D&VR展:2Dディスプレイが一瞬で3Dに! メガネ不要の3Dシート「Pic3D」を見てきた

シートを貼るだけで2Dディスプレイが3D対応になる、お手軽3Dシート「Pic3D」が3D&VR展で披露された。

[山本恵太,ITmedia]
ky_pict_0622_01.jpg グローバルウェーブのブース

 シートを貼るだけで普通のディスプレイが裸眼3Dディスプレイに――ピクトロニクスが開発した3Dシート「Pic3D」が、「3D&バーチャルリアリティ展」(東京ビッグサイト、6月22〜24日)で公開された。グローバルウェーブが8月上旬に発売する。

 Pic3Dをディスプレイに貼り付け、専用のソフトで映像を再生すると、3Dメガネなしで3D映像を見ることができる。iPadやiPhone専用のサイズも用意する。

 会場に展示されていたディスプレイには、立体的に桜の花びらが舞う映像が流されており、3Dメガネをかけることなく楽しむことができた。視野角もニンテンドー3DSやスマートフォンの裸眼3Dディスプレイより広く、ほかの来場者と何人かで並んで見ても問題なかった。

ky_pict_0622_02.jpgky_pict_0622_04.jpgky_pict_0622_05.jpg 左がシートを貼ったiPhoneで、右が何も貼っていないiPhone(写真右)

 ただ、会場で見たデモ用の映像は少しぼやけている印象を受けた。3Dの質はコンテンツの質にも影響されるため、3D映画などはもっときれいに表示できるという。またシートは接着するタイプではないため、簡単にはがすことができる。必要なときだけ使えるのが便利だ。

ky_pict_0622_03.jpgky_pict_0622_06.jpg iPad2用(写真左)とiPhone用のシート。厚さは気にならないレベル

 3D映像を見せる仕組みはレンチキュラーレンズ方式を採用しており、カマボコ型のレンズを使って左右の眼に別々の映像を見せる。ニンテンドー3DSで使われているパララックスバリア方式と違って、画面が暗くならないのが特徴だ。また、レンチキュラーレンズ方式の視野角は通常30〜60度程度なのに対し、Pic3Dは120度まで広げることに成功した。これにより、家族やパーティー会場など、大勢で同時に3D映像を楽しむことができるという。

 サイズは23インチ、21.5インチ、15.6インチ、12.1インチ、iPad 2、iPhone 4とiPod touch 4Gの6種類を販売する。価格は23インチで1万5000円前後、iPad 2用で5000円前後になる予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう