ニュース
» 2011年06月22日 21時50分 UPDATE

3D&VR展:誰でも“かめはめ波”が打てるようになった?――ARアプリ「プラーナ」初公開

3D&VR展で、厳しい修行をしていない来場者たちが“かめはめ波”を連発していた。けしからん。でもなんだかオラ、ワクワクしてきたぞ。

[山本恵太,ITmedia]

 誰でも“気”を放てるというアプリ「PRANA(プラーナ)」を、「3D&バーチャルリアリティ展」のプレミアムエージェンシーブースで見てきた。AR(拡張現実)を使って“気”を画面上に描くというものだ。

ky_kame_0622_01.jpgky_kame_0622_02.jpgky_kame_0622_03.jpg

 画面の前に立ち、腰を落として“気”をためると、(画面上で)だんだんと“気”が大きくなっていく。腕を前に突き出すと、ためた“気”が一気に放出され、画面をまばゆい光が駆け抜けていく。「ドラゴンボール」に登場する必殺技「かめはめ波」のようだ。

 「プラーナ」はモーションキャプチャとARを融合させた同社の「LiveAR」技術を使ったアプリだ。Microsoftの「Kinect」を使ってユーザーの動きをモーションキャプチャし、プレミアムエージェンシーの描画エンジン「千鳥(ちどり)」でリアルタイムに映像を合成する。

ky_kame_0622_04.jpgky_kame_0622_05.jpgky_kame_0622_06.jpg

 実際の動きと画面の“気”の動きにタイムラグはなく、画面だけ見ていると、録画済みの映像にCGを合成しているのではないかと思えるくらいだ。LiveARでは“気”以外のCGもリアルタイムに合成できるため、TVやデジタルサイネージに活用したり、例えばライブイベントでステージ上の人物が仮想キャラクターに変身し、それを観客用モニタに映すなどの使い方ができるという。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう