ニュース
» 2011年06月23日 18時11分 UPDATE

スイッチ1つで記憶を忘却・復元させる方法 米研究者が開発

「スイッチを入れるとラットは思い出す。スイッチをオフにすると忘れる」――米国の研究者が、記憶を忘れさせたり、戻したりできるシステムを開発したという。

[ITmedia]

 スイッチ1つで記憶を忘れさせたりよみがえらせる方法を、米国の南カリフォルニア大学の研究者が開発した。

ah_berger.jpg セオドア・バーガー氏

 同校のセオドア・バーガー氏は、記憶に関連する神経信号を複製する電子デバイスを作り出し、ラットの記憶機能を再現したり、記憶力を強化したりすることに成功したとしている。

 このデバイスは、海馬(記憶を司る脳の部分)の中の、記憶の定着にかかわる領域の活動を模倣できる。実験では、ラットにレバーを押す動作を学習させ、この領域の活動を薬物で阻害したところ、学習した行動が見られなくなった。デバイスをラットに埋め込んで起動したところ、薬物によって忘れさせられた行動が戻ったという。「スイッチを入れると、ラットは思い出す。スイッチをオフにすると、忘れる」とバーガー氏は語る。

 またこのシステムを通常のラットに埋め込んだ場合は、記憶力が強化されることも示された。

 バーガー氏らは次のステップとして、ラットで得られた実験結果を猿でも再現することを挙げている。最終的には、アルツハイマー病などの人々の記憶機能回復を支援する装置を作ることだとしている。

 研究結果を記した論文「A Cortical Neural Prosthesis for Restoring and Enhancing Memory」は、「Journal of Neural Engineering」に掲載されている。

関連キーワード

| 研究者 | 科学 | 南カリフォルニア大学


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー