ニュース
» 2011年06月24日 17時43分 UPDATE

政府もアニメで観光PR:日本政府観光局が「ジャパン・アニメ・マップ」 “聖地”やイベント、英語で紹介

日本政府観光局が、「らき☆すた」「涼宮ハルヒの憂鬱」などの舞台になった“聖地”や、アニメ関連施設などを英語で紹介する「ジャパン・アニメ・マップ」を作った。

[ITmedia]

 日本政府観光局(JNTO)はこのほど、アニメの舞台などを紹介する英語の「ジャパン・アニメ・マップ」を作成した。海外のアニメファンの訪日意欲を促進するのが目的という。

ah_anime1.jpgah_anime2.jpg

 マップでは日本各地のアニメの舞台(聖地)やアニメ関連施設・イベント情報を紹介する。具体的には「らき☆すた」の埼玉県久喜市、「涼宮ハルヒの憂鬱」の兵庫県西宮市など“聖地”の情報、京都国際マンガミュージアムなどの関連施設、東京秋葉原や大阪日本橋といった関連ショップの集まる場所、イベントなどを紹介する。

 JNTOはジャパン・アニメ・マップを1万部発行。パリで開催の「Japan Expo」、米ロサンゼルスで開催の「Anime Expo」などに参加し、同マップで「アニメ文化の中心地としての日本の魅力を発信していく」としている。

 ジャパン・アニメ・マップはWebでも公開されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー