ニュース
» 2011年07月07日 09時00分 UPDATE

浴衣美女が被災地の願いを応援――「ねがいごと応援プロジェクト」スタート

願いごとを応援するサイト「ねがいごと★ねっと」が被災地応援キャンペーンをスタート。被災地出身のグラビアアイドルも参加してキャンペーンを盛り上げる。

[山本恵太,ITmedia]
ky_negai0706_01.jpg ねがいごと★ねっと

 Twitterでツイートされた願いごとを応援するサービス「ねがいごと★ねっと」で7月7日、東北地方の願いごとを応援するキャンペーン「ねがいごと応援プロジェクト」をスタートさせた。イメージキャラクターとして、浴衣姿のグラビアアイドル3人による「ねがいごと叶え隊」も結成した。

 「ねがいごと★ねっと」は今年1月に開設したTwitter連携型のサービス。「〜したい」という願い事ツイートを自動で収集し、サイト上で七夕の短冊のように表示する。願いごとは、サイトを運営するウィッシュ・デザインやツイートを見たほかのユーザーの協力でかなえられることもある。例えばレストラン経営をしたいというユーザーに、同社が経営ノウハウを持つ人を紹介したこともあるという。

「ねがいごと叶え隊」が被災地を応援

 ねがいごと応援プロジェクトは、七夕祭りを企画する仙台商工会議所から、被災地はまだ厳しい状況にあるという話を聞いたことから考案した。仙台七夕祭り(8月6日から開催)に合わせて8月8日まで行われる。参加したいユーザーは、ねがいごと★ねっとのサイトにログインするか、「#negaigotokanaetai」というハッシュタグを付けて応援ツイートを投稿できる。

 「ねがいごと叶え隊」はグラビアアイドルの谷桃子さん、雨坪春菜さん、古崎瞳さんの3人。谷さんは茨城県出身で、家族は無事だったものの、自宅は地震の影響を受けたという。「茨城って被災地なのに(世間の注目が)東北にいってしまうことがあって、ツイートしてもらわないと分からない現地の声っていうのもあると思います。ネットを通して、被災した人たちの願いごとを(いろいろな人に届けることで)かなえたいです」と話す。キャンペーン中はTwitterアカウント(@negaikanaetai)で3人が応援のツイートをする。

ky_negai_0706_02.jpg 雨坪春菜さん。「みんなの願いごとは見るのも楽しいし、願いごとを言うだけでも、すっきりします。(今回のキャンペーンは)いいと思っています」
ky_negai_0706_03.jpg 谷桃子さん。「人のために何かをするのが大好きなので、人を癒やしたい」というのが願い
ky_negai_0706_04.jpg 古崎瞳さん。「元気じゃないと願いって出ないと思うので、日本全国みんなが元気になってほしいです」。個人的には「トイレとお風呂が別々の部屋に住みたい」というのが願いだそうだ

ky_negai_0706_05.jpg

「ねがいごと叶え隊」サイン入りDVDプレゼントのお知らせ

ねとらぼでは、谷桃子さん、雨坪春菜さん、古崎瞳さんのサイン入りDVDが当たる読者プレゼントキャンペーンを実施中です(8月2日まで)。ぜひ、ご応募ください。詳細は以下の記事をご覧くださいませ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー