新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年07月20日 10時08分 UPDATE

日々是遊戯:希望価格は8000万円! 超レア、幻の「テトリス」がオークションに出品中

eBayにアレクセイ・パジトノフ氏のサイン入り「テトリス」が出品中。しかし高額出品の理由は「サイン入り」とはまた別のところにありました。

[池谷勇人,ITmedia]

本物だとしたらスゴい!

 海外のオークションサイト「eBay」に、“アレクセイ・パジトノフ氏のサイン入り「テトリス」”が100万ドル(約8000万円)で出品され、注目を集めています。

 レアな「テトリス」と聞いて、セガ好きな方ならすぐにピンと来たかもしれません。実はこの「テトリス」、諸事情により市場には流通しなかった幻の「メガドライブ版」。“諸事情”の部分については語ると長いので省きますが(詳しく知りたい人はWikipediaの「テトリス / ライセンス」の項目をどうぞ)、商品もほぼ完成し、広告まで打っていたにもかかわらず寸前で発売中止になってしまったことから、メガドライブユーザーの間では「幻のソフト」として長らく語り継がれていたのでした。

 発売中止になってしまったはずのソフトがなぜこうして現存しているのかは不明ですが、おそらく社内用に作られたうちの1本で、それが何らかの理由で外に出たのではと推測。出品ページにはパッケージや説明書の写真も載っていますが、ちゃんと日本語で「メガドライブ専用」「セガ・エンタープライゼス」などと表記されており、当時発売を心待ちにしていたユーザーの1人としては、なんとも感慨深いものがあります。

wk_110719hibikore01.jpgwk_110719hibikore02.jpgwk_110719hibikore03.jpg パッケージや説明書もちゃんと存在。こうして見ると、本当に「あとは発売するだけ」の状態

wk_110719hibikore04.jpg アレクセイ氏と笑顔で握手をしている出品者の写真も

 出品者の説明によれば、ソフト自体は4年前に1万1000ユーロ(約120万円)で落札したもので、サインは2008年にアレクセイ氏がスペインを訪れた際に書いてもらったのものだそう。セガファンの間では当時、「もしもメガドライブで『テトリス』が発売されていたら、任天堂とのシェア争いはまた違った結果になっていた」とも言われており、ゲーム史的にも大きな意味のある本作。果たして落札する人は現れるのか、今後の動向が気になるところです。

 ちなみにメガドライブ版テトリス自体は、その後PS2で発売された「SEGA AGES 2500 シリーズ Vol.28 テトリスコレクション」に収録(当時のパッケージや説明書もデータとして収録)されているので、どんなゲームか気になる方はそちらをどうぞ。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事