新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年07月26日 08時58分 UPDATE

日々是遊戯:リアルすぎはNG!? カリフォルニア大学で「不気味の谷」現象の存在が証明される

あまりに人間そっくりなロボットやCGキャラクターを見ると、人間の脳は逆に「不気味さ」を感じてしまうという「不気味の谷」。どうやら本当に存在していたようです。

[池谷勇人,ITmedia]

今までは仮説にすぎなかったんですね

 最近のゲームを見ていると、まるで本物の人間と見まごうような、リアルなCGキャラクターもちらほらと見かけるようになりました。でも、あまりにもリアルなキャラクターを見た時に、ふと「リアルすぎて気持ち悪い」と感じてしまったことはありませんか?

wk_110725hibikore01.jpg 人間への類似度と、それに対する感情的反応の相関関係を表したグラフ(Wikipediaの「不気味の谷現象」より引用)

 私たちは普通、ロボットやCGキャラクターの外見がリアルであればあるほど、つまり本物の人間に近ければ近いほど親しみを覚えます。しかし、それがあるラインを越えると、親しみやすさのグラフが突然反転し、逆に「恐怖」や「不気味さ」を感じるようになる。これがいわゆる「不気味の谷」と呼ばれる現象です。

 これは日本のロボット工学者である森政弘氏が提唱した概念であり、今まではあくまで「仮説」とされていましたが、カリフォルニア大学のある研究チームが先日行った実験により、確かに存在することが証明されたそうです。

 このニュースを報じたのは、イギリスのニュースサイト「wired.co.uk」。記事によると、実験では人間によく似たアンドロイドとして、大阪大学が開発した「リプリーQ2」を使用。被験者にリプリーQ2と、そのモデルとなった女性、そして機械部分がむきだしになったリプリーQ2(要するに一目でロボットと分かる状態)の3パターンの映像をそれぞれ見せ、その際の脳の反応をfMRIにて測定しました。

 実験は20〜36歳の男女20名を対象に行われ、その結果、むき出し状態の映像および、モデルになった女性の映像を見た場合はいずれも大きな反応が見られなかったのに対し、リプリーQ2の映像を見た場合のみ脳に強い反応が見られたとのこと。

wk_110725hibikore02.jpg 実験に使われた「リプリーQ2」の映像。写真だけを見ると人間とほとんど区別がつきません(Wired.co.ukの記事より引用)

 この結果について研究チームは、「私たちの脳は、ロボットがロボットのような動きをする場合や、人間が人間のような動きをする場合には違和感を感じません。しかし外見が人間そのものであるにもかかわらずロボットのような動きをした場合、脳は予測と違った結果に違和感を感じるのです」と説明。また、今はリプリーQ2のようなロボットが珍しいため違和感を感じていますが、「もしも今後こうしたアンドロイドが当たり前になったとしたら、私たちの知覚システムはそれに合わせて再調整されるでしょう」ともコメントしています。

 ちなみにWikipediaでは、代表的な「不気味の谷」の実例のひとつとして、映画版「ファイナルファンタジー」を挙げています。個人的には、「L.A.ノワール」くらいリアルだともはや何も感じなかったりするのですが、これはモーションがリアルだからか、それとも外見的に「不気味の谷」を通り越してしまったということなのでしょうか。今回はアンドロイドを使っての実験でしたが、いずれゲームのキャラクターを使った実験も行ってみてほしいですね。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Facebookコメント

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ


» 続きを読む

FEATURES

icon

「美少女戦士セーラームーン」と「PEACH JOHN」のコラボ商品は9月19日から予約受け付けがスタートします。

icon

約6キログラムの塊肉を約6時間かけて仕上げ、同時刻に来店したみんなでシェアして楽しむ。そんな新システムが話題のステーキ店へ行き、実際に塊肉を体験してみた。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

おススメの生放送ライブガイド

プロ棋士とコンピュータがタッグを組み総勢12組が戦う「電王戦タッグマッチ2014」のファイナルラウンドをライブ配信する。配信は10月12日10時30分〜。

過去記事カレンダー

オススメ記事