ニュース
» 2011年08月01日 17時44分 UPDATE

「カップヌードルミュージアム」が9月にオープン チキンラーメンの製造体験も

インスタントラーメンの歴史が学べる「カップヌードルミュージアム」が9月17日にグランドオープンする。館内には、チキンラーメンを手作りできる体験工房も。

[ITmedia]
画像 カップヌードルミュージアムのサイト

 日清食品ホールディングスが横浜市のみなとみらい駅近くに建設中の「カップヌードルミュージアム」(正式名は安藤百福発明記念館)が9月17日にグランドオープンする。チキンラーメンを手作りできる館内の体験工房「チキンラーメンファクトリー」の予約受け付けは8月25日に始める。

 カップヌードルミュージアムは、日清食品の創業者でインスタントラーメンの発明者である安藤百福さんが抱いていた「子供たちに発明・発見の大切さを伝えたい」という思いを具現化する場として建設した。1999年オープンの「インスタントラーメン発明記念館」(大阪府池田市)に続く施設だ。

 インスタントラーメンの歴史などが学べるほか、チキンラーメンファクトリーでは小麦粉をこねて味付けし、乾燥させるといったチキンラーメンの製造工程を体験できる。ミュージアムのクリエイティブディレクションは佐藤可士和さんが担当。建物やロゴマークなどを佐藤さんが手掛ける。開館時間は午前10時〜午後6時。入館料は大人500円、高校生以下は無料。

 8月8日にはミュージアムのオープンを記念した「カップヌードル ミュージアム記念パッケージ」(170円)を関東・甲信越地区で発売する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!