新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年08月10日 21時10分 UPDATE

東電、計画停電専用Twitter公式アカウントの運用を開始

計画停電実施の際にはお知らせします。東京電力はエリアごとの計画停電専用Twitter公式アカウントを個別に設置。8月10日より運用を開始した。

[ITmedia]
wk_110810touden01.jpg

 猛暑による電力ひっ迫を見越し東京電力は、デジタルガレージの協力を得た、計画停電専用Twitter公式アカウントを開設。8月10日より運用を開始した。

 計画停電専用Twitter公式アカウントは、計画停電に特化した情報発信を行うためのアカウント。すでに公式アカウントとして「OfficialTEPCO」を運用しているが、計画停電の情報については別の専用アカウントから発信することになる。他の情報に埋もれることなく、より迅速かつ適確に実施対象エリア内の利用者に情報を行き渡らせたいとの狙いだ。

 全25地域の計画停電グループ(第1−A〜第5−Eグループ)ごとに個別に設けられており、いざ計画停電が実施される際には実施対象グループのアカウントにツイートすることを想定している。また、Twitterの「メール通知」機能を併せて利用することも勧めている。

 なお、アカウントの複数運用にあたっては、CGMマーケティングが開発・販売するTwitterアカウント運用支援ツール「Tweetmanager」を利用している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー