新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年08月19日 16時40分 UPDATE

日々是遊戯:皮膚に貼るだけで使える「電子タトゥー」が開発される。ゲームや医療分野への活用も

米イリノイ大学の国際研究チームが発表した「Epidermal Electronic System(EES)」という技術が注目を集めています。

[池谷勇人,ITmedia]

チップを埋め込むよりスマートかも

wk_110819hibikore01.jpg 「Epidermal Electronic System」の拡大写真。センサーは透明な水溶性プラスチックのシートに乗っており、皮膚に密着させるだけでペタリと貼り付く仕組みです

 SFの世界ではしばしば、人間の体にコンピュータチップを埋め込み、個人情報の管理や、電子機器との通信に使ったりするシーンが出てきますが、もしかすると近い将来、この技術が現実のものになるかもしれません。

 「Epidermal Electronic System(EES/表皮電子装置)」と呼ばれるこの技術は、米イリノイ大学の国際研究チームが先日、アメリカの科学誌「Science」に発表したもの。髪の毛よりも薄い「電子パッチ」を皮膚に貼り付けるだけで、従来のように大がかりな装置を用いずとも、ワイヤレスで脳波や心拍、筋肉の活動などを監視することができ、医療分野はもちろんのこと、ゲームなどへの応用も期待されているそうです。



 パッチ自体は非常に薄く、装着している様子はさながら「電子タトゥー」といったところ。皮膚や装着者にほとんど負担をかけないため、長時間にわたっての使用も容易で、例えば喉に疾患を持つ患者の発話補助や、睡眠時無呼吸症候群の監視など、さまざまな分野で活用が可能。ある実験では、ノドに貼り付けて使用したところ、音声で操作するゲームを90%以上の精度で操作できたとのことです。

 研究チームによれば、「最終的には皮膚と完全に融和し、目にも見えず、貼っていることもまったく感じさせないようなテクノロジーを開発したい」とのこと。この技術がさらに進歩すれば、人間の体をワイヤレスにコンピュータと接続することも可能に。まさに「サイボーグ化」の第一歩であり、今後の応用研究にも期待したいところです。

wk_110819hibikore02.jpgwk_110819hibikore03.jpgwk_110819hibikore04.jpg 実際に皮膚に貼り付けたところ。非常にやわらかい素材でできており、力を加えても皮膚と一緒に変形し、はがれることはありません

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事