ニュース
» 2011年08月19日 20時25分 UPDATE

大きい鉄道少年たちの夢を乗せて:鉄どおるハウスや超合金新幹線が初公開――第12回「国際鉄道模型コンベンション」開催

第12回「国際鉄道模型コンベンション」では、「鉄道むすめ」新作や「鉄どおるハウス」、超合金の新幹線など気になる新作が多数展示。本格的なジオラマを眺めていると、時がたつのを忘れてしまいそうだ。

[山本恵太,ITmedia]

 小さい鉄道少年から大きい鉄道少年まで、待ちに待った“鉄分”たっぷりのイベントがスタート。8月19日から21日まで、東京ビッグサイト(東京・お台場)で第12回「国際鉄道模型コンベンション」が開催されている。

ky_tetsu_0819_000.jpg

 鉄道ファンによるジオラマが多数展示されているほか、「大人の超合金 新幹線0系」や「鉄道むすめ」の新作も見ることができる。全国高等学校鉄道模型コンテストも開催しており、46作品が展示されている。夏休みということもあり、会場は親子連れも多く見られた。

鉄道むすめ&鉄どおるハウス(トミーテック)

ky_tetsu_0819_001.jpg

 鉄道むすめの新作は東武鉄道の「栗橋みなみ限定版」(1000円)。栗橋みなみはすでに5月発売の「鉄道むすめPLUS」でシークレットキャラクターとして登場しているが、今回は右手にオリジナル名刺フォルダーを持った限定版となっている。8月28日開催の「栗橋みなみ夏祭り」で発売される(以降は栗橋商工会などで販売)。

 さらに、参考出展として鉄道コンテナの模型に日付が入った「コンテナカレンダー」(仮称)が展示されていた。コンテナカレンダーは、コンテナ模型に鉄道むすめのイラストが入った「鉄むすコンテナ」の派生企画。日付けの描かれたコンテナ模型を、Nゲージの貨物車両に載せることもできるという。

ky_tetsu_0819_002.jpg コンテナカレンダー/月別(仮称)
ky_tetsu_0819_006.jpg コンテナカレンダー/日別(仮称)
ky_tetsu_0819_003.jpg 「鉄むすコンテナ」第6弾は11月発売予定


 部品模型シリーズのブースでは、参考出展の「鉄どおるハウス」が注目を集めていた。24系25型寝台客車の車内模型で、ドールハウスで標準的な1/12スケールを採用。寝台に布地を使用し、寝具やスリッパなどの小物も再現したほか、室内灯や読書灯が点灯するようになっている。窓の外にスマートフォンなどの小型ディスプレイを置いて車窓風景を流せば、よりリアルな雰囲気を出せるという。会場の反応を見て商品化を検討するとのことだが、来場者からは感嘆の声が漏れていた。これはぜひ商品化してほしい。

ky_tetsu_0819_004.jpgky_tetsu_0819_005.jpg 初公開の「鉄どおるハウス」(参考出展)

大人の超合金 新幹線0系(バンダイ)

 バンダイブースでは、「大人の超合金」シリーズ最新作の新幹線0系が展示されていた。床下機器からトイレ、車内の乗客まで徹底的にこだわった一品だ。2012年2月24日発売予定で、価格は7万8750円。

ky_tetsu_0819_100.jpgky_tetsu_0819_101.jpgky_tetsu_0819_102.jpg 「大人の超合金 新幹線0系」。トイレと車内の様子は展示用のカットモデル

変わった鉄道模型

 一般ブースでは、「変わった鉄道模型」という出展者名のブースを紹介したい。ボタンを押すと模型が線路を1周し、ターンテーブル(転写台)で向きを変えてもう一周、そして再び向きを変えて元の位置に戻る。それだけを見ると何の変哲もない模型だが、注目は裏側にある機構。一連の動きはコンピューター制御ではなく、オルゴールのような形をした円筒形の装置によって制御されている。仕組みもオルゴールと同様で、円筒の表面にはピンが配置され、円筒の隣には多数の小さなスイッチが一列に並んでいる。装置が回転すると、ピンがスイッチを押し、レール上で指定した動きが再現される。

ky_tetsu_0819_200.jpgky_tetsu_0819_202.jpgky_tetsu_0819_201.jpg


 ジャイロを利用して走行する模型も必見だ。1本しかないレールの上を、車体に積まれた2つのモーターの回転によって左右のバランスを取りながら走る。カーブでは遠心力で車体が傾くため、見ていてハラハラしてしまった。

ky_tetsu_0819_203.jpgky_tetsu_0819_204.jpgky_tetsu_0819_205.jpg

そのほか会場の様子

ky_tetsu_0819_300.jpgky_tetsu_0819_301.jpgky_tetsu_0819_302.jpg 全国高等学校鉄道模型コンテストの様子


ky_tetsu_0819_303.jpg 早稲田大学理工学部 職員OB鉄道模型同好会。みんな鉄道少年です
ky_tetsu_0819_304.jpg 震災支援販売コーナーでは三陸鉄道の久慈ありすグッズが販売されていた


 開催時間は午前10時から午後6時まで(21日は午後5時まで)。入場料は大人1500円、中学生以下は無料だが、小学生以下は保護者の同伴が必要。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー