新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年08月22日 12時03分 UPDATE

せかにゅ:「空港までステーキ持ってきて」 冗談のツイートが現実に

「2時間後に空港に着くからステーキを持ってきてほしい」。米起業家が行きつけのステーキハウスあてにTwitterでつぶやいたところ、本当に持ってきてくれたという。

[ITmedia]

 空港までステーキ持ってきてくれないかな?――Twitterでのこんなつぶやきが現実になったという驚きのエピソードを、米国の起業家ピーター・シャンクマン氏が自身のブログで報告している。

ah_steak1.jpg 「空港までステーキ持ってきてくれないかな?」のツイート

 同氏は8月18日に日帰り出張に出かけ、スケジュールの都合で空腹のまま帰りの飛行機に乗らなければならなかった。ステーキが大好物の同氏は、フライト前に行きつけのステーキハウスMorton's SteakhouseのTwitterアカウントに向けて、冗談で「2時間後にニューアーク空港に着くんだけど、ポーターハウスステーキを持ってきてくれないかな?」とツイートした。

aH_steak2.jpg デリバリーの中身もブログで公開

 あくまでも冗談のつもりだったのだが、同氏が2時間半後に空港に着くと、タキシード姿のMorton'sのスタッフが、ポーターハウスステーキを用意して待っていたという。Morton'sの店舗は空港から23.5マイル(約38キロ)、3時間弱の間に同氏のツイートを見て「出前の」許可を取り、ステーキを作って空港まで行ったことになる。しかもMorton'sは同氏が出てくる出口まで調べていた。

 シャンクマン氏はこの対応に感激し、すぐにTwitterに書き込んだ。「信じられない。Morton'sがステーキを持って空港に来た」と。

 「自著で何度も言っているように、カスタマーサービスにおいて、自分がどれほどすごいかを人々に伝えることはもう重要ではない」と同氏は語り、すばらしい瞬間を生み出して、その体験を顧客に広めてもらうことが大事だと述べている。「ある商品がどれほどすばらしいかを語る広告と友達、どちらを信用する?」

関連キーワード

空港 | Twitter | ジョーク | 起業家 | 顧客対応 | せかにゅ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー