ニュース
» 2011年08月23日 12時23分 UPDATE

維新の志士気分で走る「第1回龍馬脱藩マラソン大会」 高知で開催

高低差500メートル以上、「己の限界に挑戦する過酷な」マラソン大会が坂本龍馬脱藩の地で開かれる。

[ITmedia]
ah_ryoma.jpg

 坂本龍馬脱藩の地・高知県梼原町で10月9日に、「己の限界に挑戦する過酷な」マラソン大会が開かれる。その名も「第1回龍馬脱藩マラソン大会」。

 コースは坂本龍馬が駆け抜けた「脱藩の道」。自然に囲まれ、高低差は500メートル以上。「龍馬たち志士の高い志を受け継ぎ、現在の苦難に直面している日本の新しい夜明けのために、己が限界に挑戦する苛酷なマラソンを経てそれぞれの可能性を開花させるきっかけとする」ことが大会の趣旨という。

 フルマラソン、ハーフマラソン、10キロの3種目あり、申し込みは8月31日まで(定員1000人)。龍馬が国境越え前夜に一泊して酒を酌み交わしたことから、大会前日には選手の交流を図る前夜祭も行う。

関連キーワード

マラソン | 坂本龍馬 | 前夜祭


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう