ニュース
» 2011年09月09日 10時25分 UPDATE

えきねっとで鉄道解体部品の販売をスタート 第1弾は行先表示器

JR東日本が、京葉線や千代田線、総武本線などで活躍した実車の解体部品として「行先方向字幕付き行先表示器」をネット販売する。

[ITmedia]
ky_tetsu_0909.jpg

 JR東日本運営の「えきねっとPlaza」で9月13日午前11時から、実際に走行していた車両の解体部品が限定販売される。

 第1弾は京葉線や千代田線などで使用された「行先方向字幕付き行先表示器」だ。113系電車(内房線、外房線など)、203系電車(千代田線など)、205系電車(京葉線など)の行先表示器の3種類。廃品のため、行先方向字幕を自動で動かすことはできない。価格はいずれも2万6800円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー