ニュース
» 2011年09月16日 18時16分 UPDATE

まるでスター・ウォーズの「タトゥイーン」 太陽が2つある惑星発見

映画「スター・ウォーズ」に登場する架空の惑星「タトゥイーン」のように、2つの太陽の周りを回る惑星「Kepler-16b」が発見された。

[ITmedia]
ah_kepler1.jpg NASAのイメージイラスト

 米航空宇宙局(NASA)は9月15日、ケプラー宇宙望遠鏡で太陽を2つ持つ惑星を発見したことを発表した。映画「スター・ウォーズ」に登場する架空の惑星「タトゥイーン」みたいだが、生物はいないようだ。

 この惑星「Kepler-16b」は地球から200光年離れたところにあり、連星(2つの恒星が互いの周りを回っている)の周りを229日かけて回っている。大きさは土星と同じくらいで、ガスと岩が半々とみられる。2つの恒星は太陽よりも小さく、温度が低いため、Kepler-16bには生命は存在しないと思われるという。

。これまでの研究で、2つの恒星の周りを回る惑星が存在することは示唆されていたが、はっきりと確認はできていなかった。この発見は9月16日発行の「Science」に掲載されている。

関連キーワード

宇宙 | NASA | 惑星 | 探査機 | スター・ウォーズ | 望遠鏡


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー