ニュース
» 2011年09月20日 19時08分 UPDATE

海面上昇による浸水をシミュレートできる「Flood Maps」

海面が何メートル上昇したら、どの地域が浸水するのか――Googleマップを使ってシミュレートできる「Flood Maps」というサービスがある。

[ITmedia]

 海面がどの程度上昇すると、どの地域が浸水するかをWebサービス「Flood Maps」でシミュレートできる。

 Googleマップと米航空宇宙局(NASA)のデータを利用したサービスで、画面左上の「Sea level rise(海面上昇)」で海面がどれだけ上昇するかと設定すると、地図上に浸水する地域が青で示される。

ah_ff.jpg 海面が1メートル上昇したときの名古屋近辺

 地球温暖化による影響を示すために、英国の技術者アレックス・ティングルさんが2006年から公開している。ティングルさん自身、NASAのデータがあまり正確でないことや、場所によって精度が落ちることを認めており(海岸部の防御対策も考慮に入れていない)、ある程度の目安として考えるのがいいだろう。

 また国土交通省のサイトでは、日本全国の洪水や高潮などのハザードマップを見ることができる。

関連キーワード

地図 | 台風・ハリケーン | 地球温暖化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー