ニュース
» 2011年09月22日 19時51分 UPDATE

小田急のドラえもんラッピング電車が終了 都条例に抵触で

ドラえもんやパーマンを描いた小田急電鉄のラッピングトレインが運行終了する。東京都屋外広告物条例に抵触するためだ。

[ITmedia]

 小田急電鉄は9月22日、ドラえもんなど藤子・F・不二雄作品のキャラクターを描いたラッピングトレイン「F-Train」を9月30日で終了することを明らかにした。東京都の屋外広告物条例に抵触しているとの指摘を受けての決定だ。

ah_odakyu.jpg

 F-Trainは、藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県川崎市)のオープンを記念して8月3日から運行していた。ドラえもんや、パーマン、オバQなどのキャラクターを車内外に描き、1年程度運行する予定だった。

 小田急電鉄は、ラッピングは車両塗装の変更であり、広告には該当しないと認識していたが、東京都から指摘を受けて確認したところ、広告物に該当することが判明したという。事前に許可申請をしなかったこと、広告物の面積が基準を超えていた点が条例に抵触していたとしている。同条例は良好な景観の形成などを目的としている。

 10月1日以降はラッピング車両を通常のデザインに戻す。車内の装飾は継続する。

ah_dora.jpg 車内の装飾

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー