ニュース
» 2011年09月28日 10時58分 UPDATE

Appleの「マルチタッチ」商標登録申請が却下

「Multi-touch(マルチタッチ)」を商標として登録しようとしたAppleだが、米特許商標局に退けられた。

[ITmedia]
ah_iphone4.jpg

 Appleは「Multi-touch(マルチタッチ)」を自社の商標として登録申請したが、米特許商標局(USPTO)は先ごろ、一般的な言葉だとして却下した。

 AppleはiPhoneを発売した2007年に、Multi-touchの商標登録を申請した。この申請は一度却下されたが、その後Appleは上訴していた。今回の裁定により、上訴も退けられた。

ah_trade2.jpg Appleの申請

 同社は、Multi-touchという単語は顕著性(商品を識別できるほどの特徴)を獲得していると主張していたが、USPTOは単に製品の機能を説明する言葉だと判断した。「単に(iPhoneという)成功した製品と関連して使われているというだけでは、顕著性があるとは言えない」

関連キーワード

Apple | 商標 | 米特許商標局 | iPhone | マルチタッチ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう