新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2011年10月07日 11時45分 UPDATE

フォトリポート:本当にうさぎだらけだった! うさぎの楽園、大久野島探訪記 (1/3)

瀬戸内海に浮かぶ小さな島。「うさぎ島」と呼ばれるその島には、たくさんのうさぎが暮らすうさぎの楽園がありました。

[山本恵太,ITmedia]
ky_usagi_1007_001.jpg

 瀬戸内海の小さな島は、うさぎの楽園でした――「うさぎ島」の愛称で知られる大久野島(おおくのしま)には、約300羽のうさぎが暮らしています。近くに人が来るとぴょんぴょんとエサをねだりにやって来るうさぎさんたち。これほどの癒やしスポットがほかにあるでしょうか。その魅力をフォトリポートでお届けします。

 大久野島は広島市から東に約50キロほど離れた海に浮かぶ小さな島。今月から放映が始まるアニメ「たまゆら〜hitotose〜」の舞台、広島県竹原市に属しています。うさぎがいっぱいと聞くと、動物好きの記者としては黙っていられません。遅い夏休みをもらって、うさぎさんたちに会いに行ってきました。


大きな地図で見る

ky_usagi_1007_002.jpg 忠海港。大きな鉄塔が見える手前の島が大久野島

 島へはフェリーが運航しており、本州側からは忠海(ただのうみ)港から乗ることができます。最寄りの駅はJR呉線の忠海駅で、港へは歩いて10分ほど。行きは定員30人ほどの小さいフェリーでした。15分ほどで島に到着します。

うさぎ島に上陸、そこで見たものは……

ky_usagi_1007_003.jpg

 うさぎさんはどこだろーとワクワクしながら島に上陸。桟橋を歩いて目の前の公園が目に入ると、想像以上の光景に吹き出してしまいました。エサをあげる観光客の周りに群がるうさぎさんたちや、そこを目がけてぴょんぴょん突進するうさぎさん。そんな状況があちらでもこちらでも。その数と、野生ならではの自由っぷりに笑わずにはいられませんでした。

 大久野島は定住者のいない無人島ですが、島には「休暇村大久野島」という公共の宿があります。フェリーが到着すると、桟橋に宿のバスがやってきて運んでくれるのですが、この道中も予想の斜め上。道路に寝転がってどかないうさぎさんや、横から飛び出してくるうさぎさん……運転手さんは慣れた様子ですが、乗客は冷や冷やものです。ちなみに、島へはカーフェリーも運行しており、自家用車を桟橋近くの駐車場に停めることができます。一般車両の通行は禁止されています。

※記事初出時、一般車両が島内を通行できるという記述をしましたが、実際は禁止されています。おわびして訂正いたします(2011年10月07日18時/ねとらぼ編集部)

ky_usagi_1007_004.jpg 冷たくて気持ちいい

 宿の前は広場になっていて、島で最も“うさぎ密度”の高い場所です。宿の入り口にも、新しいエサをくれる人たちを歓迎するかのように、うさぎさんたちが集まっています。

 フォトリポートと言いながら、前置きが長くなってしまいました。次ページはうさぎさんだらけです。どうぞお楽しみください。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事