ニュース
» 2011年10月19日 11時40分 UPDATE

制限時間内に家を出ないと反省文がツイートされちゃう目覚ましアプリ

朝起こしてくれるだけじゃなく、さっさと家を出ざるを得なくしてくれる目覚ましアプリ「MorningBomb」が登場した。

[ITmedia]

 制限時間内に家から離れないと、反省文をツイートしてしまう――そんな目覚ましアプリ「MorningBomb」がリリースされた。Android Marketから無料でダウンロードできる。

 アラーム音を止めた後、あらかじめ設定した制限時間内に家から離れないと、TwitterやSMS(ショートメッセージ)で友達や家族に反省文が送られる。無事起きられた場合に、起きレポを自動送信するよう設定することも可能だ。

ah_mb1.jpgah_mb2.jpg

 アラーム音が鳴った後は、アプリが常に画面の最前面に表示されるため、アンインストール操作はできず、ズルして電源を切ったり、電池を抜いたりしても反省文が送られる。がんばって起きて家を出るしかないというわけだ。

 開発したのはITエンジニアの佐藤拓也さん。「朝早く起きて勉強をする、仕事を早く終わらせて家族と過ごす時間を増やす、授業に遅れないようにするなど、ユーザーが時間をうまく使えるようにすることで、社会貢献ができればうれしいなと考えています」とコメントしている。

 対応OSはAndroid 2.1以上。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう