ニュース
» 2011年10月21日 16時07分 UPDATE

蘇る昭和の名機 「山のぼりゲーム」が省エネ設計で復刻

駄菓子屋やスーパーの店先で少年少女を魅了した、あの昭和エレメカの名機「山のぼりゲーム」をあなたは知っていますか?

[ITmedia]
画像 「山のぼりゲーム」

 かつて少年少女が10円玉を握りしめ、ただ山の頂上を目指して連打したエレメカの名機「山のぼりゲーム」がこのほど実機で復刻されることになった。

 駄菓子屋の店先やデパートの屋上などで見かけることが多かった昭和の名機「山のぼりゲーム」は、前進と後退のボタンをタイミングよく押し、制限時間内にヘビや落石、雷といった障害を乗り越え山頂を目指すというもの。ボードに点灯するランプを自分に見立て、スリルと達成感、そして山頂到達のご褒美となる景品のために、ひたすら10円をつぎ足し挑戦した方も多いのではないだろうか?

 当時の製造メーカーである「こまや」自らが完全復刻した。ランプがLEDに変更され消費電力を抑える仕様になっているものの、内部構造や外観はほぼそのまま。iPhoneアプリなどでの復活はあっても、実機での復刻は初となる。

 10月下旬には全国のアミューズメント施設での配置・稼動が開始される予定。ちなみに筐体そのものは29万8000円(税別)で購入できる。

関連キーワード

ゲーム | 昭和 | 消費電力 | ゲームセンター | LED


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー