ニュース
» 2011年10月25日 11時40分 UPDATE

iPhone 4Sのバーチャル秘書「Siri」にビールをついでもらう方法が発明される

バーチャルなはずのSiriにビールをついでもらうことが可能になったようです。ずいぶん面倒な上に雑ですが、こまけぇことはいいんだよ!

[ITmedia]

 萌えると評判のiPhone 4Sのバーチャル秘書「Siri」。しかしバーチャルゆえ、できないこともたくさんあります。例えば、仕事の後に一杯、というときにビールをついでくれるとか……。

 ところが、それを可能にする方法を生み出した人が現れたのです。マットさんというユーザーが作り出したシステム「Beeri」は、Twitterと改造ラジコンカーを利用してビールをつぐというもの。

 Beeriは電子基板を組み込んで改造したラジコントラック。先端にビールの缶をくくりつけています。まずユーザーはSiriに命じて@beeribotというTwitterアカウントに「ビールをついで」とツイートします。BeeriはAPI経由で@beeribotのツイートを受信し、注ぐ(pour)という単語を認識するとテーブルの上をまっすぐ走り出します。

ah_beeri1.jpgah_beeri2.jpg ツイートするとビール缶をくくりつけたラジコンカーが走り出す

 Beeriの行く先には突起のついた板が置いてあり、Beeriが板にぶつかると突起が缶に刺さってビールがこぼれてきます。テーブルにはあらかじめ穴が開けてあり、穴の下にはコップ。こぼれたビールはその穴からコップに注がれるというわけです。

ah_beeri3.jpgah_beeri4.jpg 板にぶつかってビール缶に穴が空き、こぼれたビールはテーブルの穴からコップへ

Beeri from redpepper on Vimeo.

 ずいぶんな遠回りだしビールは一部こぼれっぱなしだし、そうまでしてSiriにビールをついでもらう意味があるのか、という気もしますが、いいんです、それがロマン(?)だから。

関連キーワード

Siri | ビール | iPhone 4S | 秘書 | Twitter | 萌え | ラジコン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう